交通事故じゃないけど当て逃げされた

自動車の運転をする人であれば、必ず交通事故には気をつけなくてはなりません。
運転する以上はドライバーとしての責任がありますので当然ながら免許を持っている人であればこのあたりをしっかりと意識しながら運転するでしょう。
しかし、事故の中には自分自身が車を運転していなくても被害に遭ってしまうというケースがあります。

買い物などに出かけて車を停めていた間に車にぶつけられてしまい、誰が見てるのかも分からないといった状況に陥ってしまうことがあるのですが、このような場合でも、泣き寝入りをして自宅に帰るのではなく、まずはその場で必ず警察を呼ぶようにしましょう。
もちろん物損になりますので警察も人身事故とは違い、機敏に動いてくれなかったりするのですが、それでもしっかりと証拠を残しておくのはとても大切なことになります。

特に近所のスーパーなどで車をぶつけられたといった場合には車をぶつけた側も同じスーパーを頻繁に利用している可能性が高いため、何らかの形で犯人を見つけることができるかもしれません。
また警察を呼ぶことによってスーパーなどで防犯カメラを見せてもらうことも可能になり、こうしたカメラの証拠から誰が車ぶつけたのかについても判断できるケースもあります。
防犯カメラについているにもかかわらず、警察が何もしないということはありませんから当然犯人側にも連絡が行くことになり、傷ついた車の保証をしてもらえることがあります。

このほかにもコインパーキングをはじめとして、自分自身が車の近くにいない状態でぶつけられてしまうことがありますが、どんな状態であっても必ず警察を呼ぶように意識しておかなくてはなりません。

 

自宅駐車場などでの被害

上記のように外出先で車を停めていてぶつけられたというケースではなく、自宅の駐車場に車を停めていてぶつけられてしまうケースもあります。
このような場合にも当然警察を呼ぶことになるのですが、それでもやはり犯人を見つけるのが難しくなってしまいます。
そのためこのような被害を防ぐためには、自宅の駐車場に防犯カメラなど設置するのが1番と言えるでしょう。

またこの他にも車に防犯センサーなどを設置しておくことによって他の車がぶつかり衝撃が加わった際に大きなブザーで周辺に知らせてくれますので、万が一ぶつけた車が逃げようとしても、自分自身が急いで取り押さえるといった可能性や近所の人が逃げていく車を見ていてくれるといった可能性が出てきます。
また、ブザーが鳴ることで、犯人は逃げないで觀念することも考えられます。

上でも書いたとおり物損事故の場合には警察が本格的に動いてくれないのですが、ある程度の証言などがあり、さらには防犯カメラの映像などがあれば当然警察は犯人探しを行ってくれることになります。
このような事故の場合には双方が走っているというわけではありませんから、ハッキリと交通事故と言えないものですが、それでも自分の車が傷つけられてしまい泣き寝入りをする必要はありませんから、できるだけ証拠を残すことができるようにしておきましょう。

気付いた車で走行続けるのはとても嫌な気分になるものですが、複数日の間は目撃者や防犯カメラの映像があるケースではすぐに修理をするのではなく、ひとまずは犯人を見つけることができるかどうか警察に協力を要請しながら車の修理をせず、そのままの状況にしておきましょう。
万が一犯人を見つけることができて本人が知らないと言っても、車の傷が残っていればそこから物的証拠をつかむことにもつながります。

怪我をしてしまった場合は?

ここまではいわゆる物損事故について説明してきましたが、障害が残るような大きな怪我を負ってしまった場合はどのように対処したらよいか説明していきます。交通事故による怪我で後遺障害が残ってしまった場合は、基本は交通事故、特に後遺障害に関する等級認定に専門性を持った弁護士に相談することをお勧めします。弁護士の専門性は様々ですが、中には交通事故に特化した弁護士事務所もあり、適正な後遺障害等級認定の手助けをしてくれます。

参考:【後遺障害等級認定に特化】大阪の交通事故に強い弁護士

後遺障害等級により賠償金の額は大きく変わりますので、適正な等級認定を得ることがまず第一なのですが、そもそも後遺症の状態は人により様々で、個別に判断されるものです。ですので、必ず希望に沿った判定がされるというわけではなく、専門家の助けを借りる必要が大きい分野です。